毛穴のテカリ予防と石鹸選びのポイント:皮脂抑止力

洗顔

しっかりスキンケアやメイクをしているつもりでも、毛穴のテカリが起こりやすくTゾーンを中心にメイクが崩れたり、テカって恥ずかしい思いをしたことのある女性は少なくありません。肌のテカリが起こりやすいというと、自分自身が脂性肌だと考えている方は多いですが、皮脂分泌量が多くなりやすい10代以外であれば、ほぼスキンケアのお手入れ方法が間違ってしまっていることが原因と言われています。

テカリを予防するためには、とにかく洗浄力の高い石鹸を利用して皮脂汚れをきちんと落とすことが大切と考える方は多いですが、これは大きな間違いです。洗浄力の高い石鹸でゴシゴシ肌を洗浄してしまうと、肌を本来保護する役割の皮脂がごっそり除去されてしまい、体は皮膚を保護するためにも通常よりも過剰に皮脂を分泌してしまう働きを持っています。そのため肌の乾燥が進行することで、テカリの状態が悪化する悪循環を引き起こしてしまうのです。

そこで皮脂抑止力のある肌を手に入れるためには、普段の洗顔やクレンジングには汚れをきちんと落としつつ、肌に潤いも並行して与える美容成分が配合されているタイプを導入することをおすすめします。もちろん皮脂分泌量が多い10代の方や、脂性肌の方は皮脂分泌量が増え、皮膚に常在菌が増殖するのでニキビや脂漏性皮膚炎などが起こりやすくなります。そのため肌を清潔に保つには、殺菌効果の高いニキビ肌用のスキンケア用品を利用することで肌の皮脂量を調節するようにすることが大切です。

肌の乾燥が原因で皮脂分泌が多くなってしまっている方は、洗顔やクレンジングは出来るだけ刺激が少なく、肌がつっぱりにくい洗浄力の低い物で丁寧にケアをすることが大切です。また顔を洗った後は肌が乾燥しやすくなるので、化粧水や乳液、クリームを利用して十分に保湿をすると皮脂バランスが整います。

外出先でテカリが気になった時は、過剰な皮脂を除去する方法として柔らかなティッシュで軽く抑えることがポイントです。

頬の毛穴が目立つ「たるみ毛穴」について

たるみ毛穴

たるみ毛穴はずばり乾燥と加齢現象のダブルパンチの状態であり、肌が乾燥している状態のところに加齢が伴って皮膚がたるみ、毛穴が涙状に伸びてしまっている状態です。特に、テカリが気になる人は、10代から20代にかけては皮脂の分泌が多く、皮脂を取り除くために洗浄力の強い洗顔で顔をゴシゴシと洗ってしまいがちです。

その行為をお肌の曲がり角である30代以上になっても継続して行ってしまった場合、お肌の状態の変化に気づくこと無くお肌の保護に不可欠な皮脂を洗い流しすぎてしまい、結果としてシワや乾燥の原因を引き起こしてしまいます。お肌の加齢現象の殆どは、間違ったスキンケアやお手入れの結果なのです。

20代から30代になるとき、または、30代から40代になるときには肌の質が変わりやすいので、一度スキンケアの見直しをすることを強くおすすめします。たるみ毛穴というのは、乾燥した頬にできやすいです。肌の内部が感想をしていて潤っていないので、まずはコットンパックをしてしっかりと保湿をすることが大切です。

コットンパックは肌の内部に化粧水を浸透させ、インナードライ肌を改善し、たるみ毛穴を目立たなくさせる効果を期待することができます。頬や皮脂の分泌が気になる鼻周りのコットンパックをすることにより、乾燥で広がったり涙状に広がってしまった毛穴を引き締める効果があるのです。いつもよりも多めに化粧水をコットンに染み込ませることで、浸透力を高めることができます。

コットンパックのあとは、お肌を引き上げるようにマッサージをします。その後、頬の部分をタッピングするようにマッサージをすれば、たるみ毛穴を改善する効果があります。タッピングしマッサージをすることで血行が促進されて、老廃物をリンパに流すことでむくみを改善し、健康的な肌になることが出来るのです。たるみ毛穴を改善するためには、集中的に保湿ケアを行うことが何よりも大切なことです。

白ニキビともいわれる毛穴づまりができてしまう原因、特徴について

白ニキビ

ニキビには種類があり、それによって色が違って見えることからどんなニキビなのかを知ることができます。いわゆる白ニキビは、それほどひどい状態ではなく毛穴が盛り上がって見える、白くて小さな初期段階のニキビです。炎症を起こしているわけではなく、触っても平気なため気になって潰してしまう人も多いようです。しかし、潰してしまえば炎症を起こす可能性があり、治りにくく跡が残ってしまうこともあるので、初期の白ニキビの段階で適切な処置をするべきでしょう。

白ニキビができてしまう原因は、ずばり毛穴づまりです。なぜ毛穴がつまり白ニキビができてしまうのかというと、それは脂線から出た皮脂がスムーズに毛穴から排出されなくなるからです。このような毛穴づまりが起こってしまうのは、思春期で皮脂の分泌が多くなることや、女性の場合は中年以降のホルモンバランスの乱れなども原因になるといわれています。また、体質的な原因やストレス、食生活など生活習慣の乱れも関係するようです。

毛穴づまりを防ぎ白ニキビをできにくくするためには、まず正しい洗顔を行うことが重要です。過剰に分泌された皮脂の汚れはもちろん、汗やメイクの汚れもしっかりと落とさなければなりません。しかし、力任せにゴシゴシと擦ってしまうのはいけません。洗顔料を良く泡立てて優しく丁寧に洗い、擦らないように十分にすすぎ清潔なタオルを軽く押し当てるようにして水分を拭き取ります。この時、タオルが汚れていたり使い込んで生地が硬くなっていたりすると、毛穴にばい菌が入ったり皮膚に刺激を与えたりするので注意します。

食生活が乱れて皮脂を過剰に分泌させることもあるので、毛穴を詰まらせないためにも栄養バランスの良い食事を心がけ、野菜をたっぷりと摂り脂質の代謝をサポートするビタミンB群も積極的に摂ることをお勧めします。また、間違ったスキンケアで毛穴がつまることもあるので、オイルタイプのクレンジングは避け、やさしく洗顔した後はたっぷり十分に保湿しましょう。

黒ずんだ毛穴を手入れするオススメの洗顔のコツ

黒ずんだ毛穴

日々の洗顔をしっかりとしているのに毛穴が黒ずんで目立ってしまうという悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。毛穴のお手入れの方法が基本的に違っているかも知れませんので、肌の手入れのやり方ををもう一度確かめるべきです。黒ずんだ毛穴の正体は角栓で、これは皮脂と古くなった角質が混じり合ったものなのです。

キメの細かい泡を使ってお顔全体をきれいにすることが重要ですが、毛穴の奥深い箇所で強固になってしまった角栓の洗浄は大変厳しいです。その上角栓はタンパク質で出来ているので、油溶性で落とす洗顔料では角栓をキレイにし落とすことができないのです。日頃のお手入れのひとつとして、きちんと汚れを落としているつもりでも、黒ずんだ毛穴はそう易々と無くなりません。

毛穴のお手入れにお勧めなのは、角栓を溶けさせる効果が高い酵素の力を借りるやり方です。プロテアーゼという名のたんぱく質分解酵素を使うことで、角栓の中のたんぱく質を溶かし、毛穴を目詰まりさせていた角栓を取り除くというものです。酵素パウダーは毎日の洗顔料と同じで手のひらや泡立てネットに出して、少しの水かぬるま湯をプラスして泡を立てて使えます。

ですが、角栓に限らず、皮膚もたんぱく質が入っていますので、角栓パウダーの利用しすぎは肌にストレスを招くこともあります。酵素パウダーを使った毛穴のお手入れは、1週間に1から2回くらいだけにしておきましょう。お肌を乾燥させないよう、毛穴のお手入れを考えた酵素パウダーでの洗顔を行なったあとは、モイスチュア対策もしっかりやりましょう。

気になる小鼻の毛穴!種類別の毛穴ケア方法特集!

小鼻の毛穴

顔の真ん中にある鼻は目立つ場所でもあり、小鼻の毛穴が開いていたり黒ずんでいたりすれば、やはり気になるものです。しかし洗っても毛穴がつまってしまったり、メイクをしていれば毛穴にファンデーションが埋まるなど、多くの人がケアしたいと思っていても、なかなかうまくできていないのが現状です。毛穴ケアといっても、種類別の毛穴ケア方法が存在しているので、小鼻の毛穴に合った方法を行うことが重要です。

小鼻の毛穴ケア方法としてやってはいけないこととしては、爪や器具などを使って、無理に角栓や汚れを除去する方法です。このように無理に除去する方法は、肌にダメージを与えることにもなり、あまりおすすめできません。またドラッグストアなどで安価に購入することができる毛穴パックを利用している人もいるかもしれませんが、これもよい方法ではありません。

シートをはがす際には、肌への負担が非常に大きく、肌が弱い人はトラブルになる可能性もあります。肌に生えている産毛や肌に必要となる皮脂まで無理やりはがし取ってしまうになるため、開いた毛穴を引き締めなければ、余計に毛穴が目立つことにもなります。やむを得ず使用するという場合には、アフターケアをしっかり行うことが重要です。またピーリングも頻繁に行うと、肌に必要な角栓まではがし取ってしまい、乾燥を招くことになるため、やり過ぎには注意が必要です。

小鼻の毛穴ケア方法で一番良い点は、毛穴を開いてから優しく洗うことと言えるでしょう。また洗顔した後には、開いた毛穴を閉じることも大切です。洗顔の前にほっとタオルなどを使い、肌をじっくり温めましょう。こうすることで毛穴を開かせることができます。洗顔料をたっぷりと使って、大きな泡をつくって丁寧に洗いましょうしっかりぬるま湯でよくすすいだら、毛穴をしっかりと引き締めます。収れん化粧水と呼ばれる引き締め効果の高い化粧水も販売されているので、このようなものであれば手軽にケアすることができます。

ニキビの基礎知識:ニキビとホルモンバランスとの関係

ニキビとホルモンバランス

ニキビやなかなか消えないニキビ跡に悩まされているという方も多くいるかもしれません。そのような方にとって気になるのが、どのような方法で対策を行うことができるのかという点です。人によっては、ニキビ跡などを治すためには病院へ行くしかないと思っている方もいます。ですが病院にいかなくても、個人で対応する選択肢も存在しています。実際にどのような選択肢があるのか把握したうえで、自分に合った形で対応していくようにしましょう。

例えばニキビ跡を治すために大切な点の1つに、ホルモンバランスを整えるという点があげられます。ホルモンバランスが乱れている場合だと、ニキビ跡がなかなか治らないというケースも見られます。早くきれいな状態の肌を取り戻すためにも、どのようにホルモンバランスを整えていけばいいのか考えていくのも1つの手です。実際にホルモンバランスを整えると言われても、簡単にできることではないと考えている方もいるでしょう。ですがサプリメントや漢方などを活用して、手軽に改善することも可能です。

ホルモンバランスがニキビ跡に効果的といわれても、信用できないと考える方もいるかもしれません。そのような方は、実際に試した方の体験談を参考にするのも1つの手です。利用者の体験談を参考にすることで、試してみるかどうか判断することもできます。さまざまな人の意見を参考にして、納得したうえで試せるようにしましょう。

またニキビ跡を治すために大切な要素には、ホルモンバランスのほかにも栄養バランスの取れた食事などの点もあげられます。1つの方法だけではなく複数のアプローチ方法を実践することで、早く気になる問題が解決できるかもしれません。自分の状況を考慮したうえで、どのような形でニキビ跡に対応したらいいのか考えたうえで行動することも大切です。同じニキビでも人によって治りにくい理由には違いがあるからこそ、自分の状況を考慮したうえで対応することが大切です。

毛穴・ニキビの悩みにビタミンCが効果的な理由について

ビタミンC

肌トラブルを抱える人が増えていて、原因は生活習慣の乱れ、ストレス、睡眠不足などさまざまなことが考えられます。また十代でできたニキビが大人になってもなかなか解消できなかったり、ニキビ後が残ったりしてクレーターのようなくぼみや色素沈着で美肌には程遠い状態が続いてしまっている人もおられます。広がった毛穴がなかなか解消されず、いろいろな化粧水やサプリメントを試した経験もあるのではないでしょうか。

肌に良いという商品はとてもたくさんあるので、数多くの商品を試していると費用や時間がかかりすぎてしまいます。それに次々に新しい商品が登場するので、あきらめた人もおられるでしょう。今話題になっているものにビタミンC誘導体というものがあります。

多くの人が美肌に効果のある栄養素を思いうかべてもらうとビタミンCというのではないでしょうか。ビタミンCは風邪をひいたとき、疲れたときにも効果があると思われています。代表的な食材にはレモンがあげられ、ビタミンCが入った商品にはレモン何個分と表示されているものがたくさんあります。ビタミンCの効果には抗酸化作用があり免疫力をあげます。肌にはコラーゲンの生成を促し、メラニンを抑制します。食べ物やサプリメントで大量に摂取してもすぐに体内から出てしまい、その効果を持続することができません。ニキビや毛穴に問題を抱えている人が利用しても効果を感じないのはそのせいかもしれません。

ニキビや毛穴トラブルを改善したい人におすすめなのがビタミンC誘導体です。化粧水やオールインワンゲルに多く使われていて、肌に直接浸透させることでその効果を発揮します。ビタミンC誘導体とは体内で酵素反応によりビタミンCとなるもので、誘導体化によって生体外での安定化、生体内への吸収率が向上し、広がった毛穴を小さくし、ニキビができにくい肌に変えていきます。広がった毛穴、毛穴の黒ずみ、消えないニキビで悩んでいる人は高浸透のものをおすすめします。

背中ニキビを治すポイント:背中にきびとビタミンC

背中ニキビ

背中ニキビを治すポイントは栄養であり、特に意識して摂取をしたいのがビタミンCです。皮膚の病気である毛のう炎の症状が背中に生じている状態であり、真菌が原因の可能性もあります。マラセチア菌は常在菌で普段悪さはしませんが、過度な皮脂分泌などにより増殖をするのは避けられません。細菌が原因で起こる毛のう炎や、マラセチア菌などによるマラセチア毛包炎、好酸球性膿疱性毛包炎など、背中ニキビになる原因は様々です。

誤ったケアを続けているとなかなか背中の赤みやかゆみは改善されませんが、正しいケアをすることで正常な状態へ向かうことになります。汗や皮脂に汚れ、紫外線やストレスにホルモンの分泌異常は、皮脂の過剰分泌を促したり、角質の肥大につながり細菌や真菌の増殖にもなり、それらは負のループを招くばかりです。肌を清潔に保つことは大前提であり、届きにくい背中の汚れをキチンと除去して、化粧水やクリームで十分に保湿ケアをすることも必要になります。

加えて同様に重要なのが栄養であり、皮膚のターンオーバーを正常化させるためにも、ストレスによるニキビ解消にも、ビタミンCを使わない手はありません。化粧品にも配合のコスメを選ぶのと共に、内側からも食事などでたっぷりと取り入れて、インナーケアをすることです。過剰なストレスは交感神経を活発にさせて、大量の体内に存在するビタミンCを消費します。

コラーゲン生成にも必須の栄養であり、十分に或ることで肌の環境を正常に整えて、良い状態を保ちますので常に補うことが必要です。活性酸素で失われた分は、野菜や果物などのフレッシュな食材から、毎日口から摂取をするようにします。

ピーマンやブロッコリーにキウイや柑橘系果物など、豊富なビタミンC含有の食材を食べるのは、背中ニキビを予防して改善するためにも効果的な方法です。水溶性ビタミンは多すぎると排泄されるので、過剰摂取になる心配はなく、だからこそ毎日の食事に取り入れるようにします。

黒ずんだ毛穴を改善する為の肌のお手入れ方法とは

黒ずんだ毛穴2

普段からしっかりと顔を洗浄しているはずなのに、だんだん目詰まりしてしまって黒ずんだ毛穴となります。黒ずんだ毛穴は、毛穴から分泌した油分が、メークの汚れや皮脂の汚れと混合されて毛穴を詰まらせ、油分が酸化反応して黒っぽくなってきたものです。普段の洗顔で、毛穴に入った油汚れをちょっとずつ分解すれば取り除く事が出来ますが、酸化反応を起こして硬くなった所は洗浄しにくくなるのです。

毛穴のお手入れの基本として、毛穴を徐々に開かせて、汚れを取り除きやすくするといいでしょう。専用のシートを利用して、毛穴の汚れが心配な部分にパックをするやり方は、肌への負担が大きくなりがちです。肌に負担をかけず脂汚れを取り除くには、温かいタオルで顔を温かくし、脂の汚れを緩め、お肌の血のめぐりを良くしましょう。

毛穴の汚れは油性なので、オイルクレンジングを用いれば汚れをとかして落とす事が出来ます。洗浄パワーのしっかりしたクレンジング剤はお肌の乾きを進行させやすいので、クレイ洗顔剤を利用するというような人もいます。

日々の洗顔にクレイ洗顔剤を利用することで、小さい粒子がお顔にこびり付いた汚れの排除の手助けとなって、毛穴の間にまで侵入してきれいにします。洗顔あとのお肌は乾きにデリケートな状態にありますので、お顔をキレイにしたらたっぷり保湿行うことも毛穴のお手入れには大切です。

時間をかけて汚れを取り除いた毛穴が再び目詰まりのないよう、保湿を行って肌を引き締めましょう。折角の美しい肌に毛穴の黒ずみを目立たせ無いように、常日頃の肌のお手入れを間違えずに行なうことが大事になってきます。

背中ニキビと普通のニキビの違いとは

背中のニキビ

背中を中心に首や肩、胸など身体のいたるところにできてしまう赤いぶつぶつ。これらぶつぶつは一般的に「背中ニキビ」や「身体ニキビ」と呼ばれます。しかし、これらニキビは一般的に多くの人がニキビと聞いてイメージする思春期におでこや頬にできる普通のニキビとはその原因自体が異なります。そのため、厄介な背中ニキビを治すためには普通のニキビとは違う正しいケアを行う必要があります。

そもそも「背中ニキビ」と呼ばれる赤いぶつぶつの原因は、毛包炎と呼ばれる皮膚の病気です。このあまり聞きなれない「毛包」というのは、毛穴の更に奥にある体毛を囲んでいる皮膚組織の名称で、別名「毛のう」とも呼ばれる部分です。そしてこの毛包に黄色ブドウ球菌などの細菌やマラセチア菌などのカビが侵入し繁殖してしまうと炎症を起こし、赤いぶつぶつである丘疹、いわゆる背中ニキビができてしまいます。つまり、その原因は菌だけでなくカビである場合もあるのです。さらに、その丘疹が化膿して膿をもつ膿疱ができることもあるので赤いぶつぶつができたときには早めにケアを行うようにしましょう。また、一般的にその症状が起きやすい背中がその総称として使われることが多いですが、肩や首、胸、太もも、お尻などにも同じ症状が出ることがあります。注意しましょう。

一方で、普通のニキビの原因の多くは毛穴の詰まりと皮脂にあります。具体的には、肌のターンオーバーが滞った肌が過剰な皮脂を発生してしまうことがその元凶になっています。そのような状態の肌は、過剰に発生した皮脂をうまく排出できず蓄積させ続ける悪循環に陥り、その皮脂を栄養素とするアクネ菌が増殖してしまうことがあるためです。そしてその結果炎症を起こしできてしまう尋常性?瘡と呼ばれる発疹こそが普通のニキビの正体です。なお、この尋常性?瘡が背中や胸にできることもあるので、背中にできた赤いぶつぶつは毛のう炎と尋常性?瘡が混在している可能性もあります。