黒ずみ毛穴の特徴とケアの仕方

黒ずみ毛穴ケア

黒ずみ毛穴が出来てしまっている方の特徴として、毛穴の中に皮脂や角質といった様々な汚れが詰まっており、汚れが酸化して黒くなることで黒ずみになります。そのため毛穴汚れの中でも汚れが詰まったまま放置してしまっている状態でもあるので、ニキビなど肌トラブルに進展する前にきちんと毛穴ケアを済ませる必要があります。

そもそも黒ずみができやすい方の特徴として、毎日洗顔やクレンジングを行っていたとしても、毛穴の中にある汚れまできちんと除去せずに適当に済ませてしまっている場合と、洗顔後の保湿といったスキンケアが十分に行えていないといわれています。特に洗顔やクレンジングの際には肌の表面の汚れのみ落とす感覚で、毛穴の汚れを落とす前にケアが終わってしまうと、汚れはそのままになり皮脂汚れが酸化して黒ずみに進行します。

そのためまずは毛穴の角栓を除去するためにも、ホットタオルやスチームを利用して皮膚を柔らかくし、毛穴を広げます。毛穴ケアをする際にパックを利用する方が多いですが、毛穴パックは角栓が綺麗に抜ける反面、デリケートな顔の皮膚にダメージを与えてしまうので、出来るだけ使用することは避けることがおすすめです。

ホットタオルやスチームで十分に肌を柔らかくしたら、次に角質ケアも行えるコールドクリームをたっぷり肌に乗せて、ざらつきの気になる部位を中心に優しくマッサージしていきます。コールドクリームには油分が含まれている、毛穴に入り込むことで硬く詰まっている黒ずみを浮かせて、綺麗に除去する効果があります。さらに肌表面に蓄積している古い角質も綺麗に除去できるので、肌のごわつきやくすみなども同時に改善するメリットを持っています。

コールドクリームを利用する時のポイントとして、たっぷりクリームを利用することにあります。クリームが少ないと指で直接ゴシゴシ擦ってしまうので、肌に摩擦を与えてしまう恐れがあるので、クリームで丁寧にケアをすることを心がけましょう。後はもう一度洗顔をして汚れを洗い落とし、化粧水や乳液、クリームで潤いを十分に補えば完了です。

開き毛穴毛穴の特徴とケアの仕方

開き毛穴

毛穴の開きに悩まされているという方は多いのではないでしょうか。開いた状態をそのままほったらかしにしておくと、悩みはどんどん深刻化しますので、早めに毛穴ケアをすることが大事です。ケアをする前に、まずは毛穴の特徴について確認しておきましょう。

毛穴が縦に伸びた状態で開いている場合は、たるみが原因です。コラーゲンやエラスチンなどが加齢とともに減少すると、肌のハリや弾力を保つことが出来なくなってしまい、重力に負けてたるみが生じます。皮膚が重力で下に引っ張られることで、毛穴が縦に伸びて開いてしまうというメカニズムです。表情筋の衰えなども影響しています。たるみが生じると毛穴の開きだけではなく、口元のほうれい線や輪郭のゆるみなども伴うため、見た目年齢を大きく押し上げる原因にもなってしまいます。

毛穴が黒ずんでいて開いている場合は、皮脂の過剰分泌が原因です。クレンジングや洗顔が不十分だったり、栄養バランスの偏りで脂質を過剰に摂取していたりすることが原因につながる要因です。肌の乾燥も皮脂の過剰分泌に結び付きます。肌が自ら潤いを補おうとして皮脂をたくさん分泌するからです。特徴や原因を特定したら、それに対してきちんとアプローチすることが出来る毛穴ケアをしていきましょう。

たるみが原因で毛穴の開きが生じている場合は、アンチエイジングを意識しながら肌をリフトアップさせることが重要なポイントとなります。具体的なケアの方法としては、加齢により不足しがちなコラーゲンやエラスチンをサプリメントでチャージする、表情筋に働きかけることが出来るEMS搭載の美顔器を使用する、リフトアップ効果やエイジングケア効果が高い化粧品を使用するなどがあります。

皮脂の過剰分泌が原因で毛穴が開いている場合は、クレンジングや洗顔を丁寧に行う、ふき取り化粧水やパックやピーリング剤などで古い角質や毛穴の汚れをスッキリと取り除く、保湿ケアを徹底的に行うなどの毛穴ケアがおすすめです。積極的なケアに努めて毛穴レスな美肌を手に入れましょう。

ニキビの基礎知識:大人ニキビと食生活との関係

大人にきび

ニキビ=若い人のものというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。ですが若い人だけの悩みというわけではなく、大人になってから悩まされるという方も多く見られます。この大人ニキビにおける厄介なポイントの1つが、10代のニキビよりも直りにくいという点です。顔にニキビがある状態だと、人前に出るのが恥ずかしいなど困ったことになる方もいるでしょう。特に人前に立つ機会が多い仕事だと、毎日嫌な思いをする可能性があります。嫌な思いをせずにすむように、どのような対応が必要になるのか考えていくことが大切です。

大人ニキビを治すために大切なポイントの1つが、食生活に気をつけるという点です。例えばニキビ対策になる栄養素には、ビタミンB2やB6があげられます。ビタミンB2は海藻や卵さらにはレバーなどに多く含まれていて、ビタミンB6はレバーや大豆のほかにマグロやサバなどの魚介類にも多く含まれています。ですが注意が必要なのは、ビタミンB群に関連した栄養素ばかりを摂取したらOKというわけではないということです。

大人ニキビ対策の食生活として大切なのが、特定の栄養素に偏ることがないようにバランスの良い食事を心がけることです。栄養バランスの取れた食生活を心がけることで、ニキビ対策ではなく健康な体を保つことにもつながります。また大人ニキビの原因の1つには、ストレスもあげられます。バランスの取れた食事はストレス対策にもなるので、普段から栄養を考えて食事をするようにしましょう。

バランスの取れた食事をしたいと思っていても、仕事があると料理をする時間がないという方も多く見られます。そのような方は、足りない栄養素をサプリメントなどを利用して補うのも1つの手です。サプリメントなどを上手に活用することで、手軽にバランスの取れた食生活が送れるようになります。普段の食事を見直してみて、不足している栄養素がないか確認することも大切です。

メラニンが沈着した毛穴の特徴、皮脂が酸化した黒ずみ毛穴との違いについて

メラニン沈着

メラニンが沈着した毛穴の主な特徴として、色素沈着を起こして茶色くなっています。皮膚の症状としては、シミのような状態です。黒ずみと間違えられることが多いのですが、黒ずみは毛穴に皮脂が詰まって空気に触れ、酸化することで引き起こされるトラブルであるのに対し、メラニンは色素沈着による症状ですので根本的に違います。黒ずみの場合には角栓ができたばかりの頃は白っぽくなっていて、時間の経過と共に黒っぽくなっていきます。

見分けるのは難しいのですが、毛穴が黒ではなく茶色になっていたらメラニン毛穴である可能性が非常に高くなりますので、毛穴づまりを解消しても対処できません。感触でも分かることがあり、黒ずみがある時には角栓が詰まっていますのでザラザラしているのに対し、メラニンならツルツルしています。また、周辺にも茶色い色素沈着が見られるので、症状は毛穴だけにとどまりません。

原因にも違いがあり、黒ずみは皮脂が分泌されて詰まってしまうことが理由となっており、メラニンは紫外線による影響です。皮膚に紫外線を浴びるとダメージを受け、そのダメージから肌を守るためにメラニン色素がたくさん生成されます。ダメージの度合いが高くなればなるほどたくさん生成されることになり、皮膚症状も酷くなります。それが毛穴やその周りに集中して作られる症状です。

紫外線だけでなく、摩擦によってもダメージを受けてしまうことがありますので、日々のスキンケアで刺激を与えるようなケアを行っている人は注意しなければなりません。メイクや洗顔の時にこすってしまうと、そこで大量に発生します。生成されても順調にターンオーバーによって排出されれば酷い症状にはなりませんが、ターンオーバーが乱れて周期が長くなると上手く排出できずに茶色い色素沈着が目立つようになります。ですから、生活習慣の乱れやストレスでターンオーバーが乱れている人は、整えるように気をつけることが大切です。

ビタミンCのニキビやニキビ跡への作用について

ビタミンCの作用

ビタミンCがニキビに効果的であることは有名で、さまざまなスキンケア用品に使用されています。必須栄養素のため常識の範囲内での摂取なら副作用はなく、優れた抗酸化力を発揮してくれます。ニキビは脂性肌の状態で発生しやすいですが、乾燥肌もリスクを高めるのです。乾燥している状態は肌の抗酸化力を低下させるので、ニキビのリスクが高まります。ビタミンCを摂取すれば抗酸化力を高めることにより、さまざまな刺激から肌を守ってくれるでしょう。

赤ちゃんのような弾力性のある肌に変えるためには、保湿が要になってきます。ただし水分だけ与えていればよいわけではなく、必須栄養素は充足させる必要があります。必須栄養素はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などと比較しても優先順位が高いのです。これらの成分よりもビタミンCは必要性が高く、欠乏している状態で保湿成分を補給しても十分に作用しません。プルプルの肌を手に入れるためには、まずは必須成分から補給してください。

間違ったスキンケアは肌荒れの原因になりますが、若いころはケアが間違っていてもトラブルが起こりにくいです。これは肌の抗酸化力が高いためで、20代のころは肌荒れが起こりにくいです。30代くらいになると肌荒れが気になり始める方が多いので、このタイミングで高級スキンケアを利用するケースが増えてきます。内容成分が同じであっても、高級スキンケアは成分が低分子化されるなど、吸収力が高くなっています。

ビタミンCはニキビ跡にも作用し、肌のターンオーバーを活性化させて修復を促してくれるでしょう。跡が残ってしまうと目立ちますし、クレーターになると放置しておいても治りません。そうなる前に綺麗にする必要がありますから、ビタミンCを配合した化粧品やサプリを活用してターンオーバーを正常にしていきましょう。ビタミンCは身体の外側と内側から補給するのが好ましいです。ビタミンCは食生活から十分に補給するのは難しいので、サプリを利用するのが得策です。

スクラブ入り洗顔料が合う毛穴・合わない毛穴

スクラブ入り洗顔

スクラブ入り洗顔料は、古い角質や皮脂が詰まって角栓ができている小鼻の毛穴に合う化粧品で、余分な汚れをきれいに落とすことが期待できます。毛穴の角栓は、酸化してしまうと黒ずみとなってブツブツしたりザラザラしますので、スクラブ入り洗顔料をよく泡だてて優しく洗うと適切な毛穴ケアができるでしょう。

また、スクラブ入り洗顔料は、お肌のターンオーバーを促進するはたらきがありますので、毛穴が詰まりやすくてニキビができやすい毛穴に対しても使用することができます。一方、スクラブ入り洗顔料は、使い方やお肌の状態によっては肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。皮脂と水分量が少なくて乾燥している毛穴にスクラブ入り洗顔料を使用すると、乾燥を促進して炎症を引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

季節の変わり目や体調によってお肌は不安定になりますので、お肌の調子に合わせて使用することが大切です。例えば、日焼け直後のお肌にスクラブ入り洗顔料を使用すると炎症を促進していまいますので、使用を控えましょう。ニキビの毛穴ケアに使用することは可能ですが、炎症しているニキビ肌の毛穴にはスクラブ入り洗顔料は合わず、かえってニキビを悪化させてしまいますので注意が必要です。

このように、スクラブ入り洗顔料は、皮脂や角質が蓄積している毛穴には会いますが、お肌が日焼けしていたり炎症性のニキビができている毛穴には合いませんので状況に応じて使用することが大切といわれています。洗浄力が高い洗顔料ですから、皮脂と水分量が少ない乾燥肌や敏感肌の毛穴にも合わないアイテムです。

ですから、小鼻の黒ずみや皮脂の分泌量が多い額の毛穴ケアとして部分的に使用したり、お肌の状態に合わせて使用すると適切なケアができるでしょう。定期的に使用することがおすすめされていますが、使用頻度が高すぎるとお肌に負担がかかってしまいますのでやり過ぎには注意が必要です。

お肌を悪くしてしまう誤った毛穴のお手入れとは

謝った毛穴ケア

誤った毛穴パックや、洗顔のやり方が原因で、肌の調子を損ねてしまうことがあるようです。毛穴が黒ずんで目立っているために、日々の洗顔やケアをしっかりしているという人でも、美肌になれない方もいます。

1日に何回も洗顔をしたり、毎日毛穴パックをしたほうが、肌の汚れを除去できて、美肌効果が得られると思っている人もいます。しかし、毛穴の汚れが蓄積しないように洗顔を施す必要はあるにしろ、適切な方法で行わなければ肌によくありません。

ゴシゴシこすって洗ったり、長時間洗ったりしていると、汚れだけでなく肌に必要な潤いまで落としてしまうことになり、肌が乾燥します。肌の乾燥がこれ以上進行しないように、毛穴からは皮脂が多く分泌されるようになります。

肌は乾燥しすぎると油分を多く分泌するようになりますので、その油分が毛穴の中で固まって酸化すると、毛穴の黒ずみになります。毛穴に汚れを詰まらせないようにしていたことのせいで、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

毛穴のパックが原因で、肌へのダメージが蓄積されてしまうこともあるようです。お肌の表面は、角質層という固い皮膚があります。外界からの刺激を受けないように守っている部分です。毛穴パックは肌表面の角質層を傷つけて、肌の乾燥が進行してしまうので、パック後は肌がカサカサすると感じる方もいるでしょう。

毛穴トラブルを予防するために洗顔などは大切ですが、過剰なケアは毛穴を目立たせることになってしまいます。

お酒は背中ニキビの大敵?肝臓とニキビの深い関係

お酒とニキビ

仕事の付き合いなどで普段からお酒をよく飲むという人もいるかもしれません。しかし、飲酒をすることで背中ニキビが悪化してしまうこともあるのです。炎症していた部分が広がってしまうこともありますし、内部の炎症が悪化することで治りにくくなることもあるでしょう。そのためお酒が好きでも背中ニキビがきになる場合、なるべく控えた方が良いと言われることもあります。

アルコールは少量なら血行を促進するなど健康に良い効果もあります。しかし、飲み過ぎると肌に悪影響を及ぼす可能性があると知っておきましょう。お酒を飲むと体内にアルコールが入ってくることになります。アルコールは体にとって不要なものであるため、分解する必要があります。アルコールの分解や代謝を行うのが肝臓であり、お酒が好きな人は肝臓への負担も大きくなると言われています。

たくさん飲めば飲むほど肝臓はアルコールの処理に追われてしまいますし、体内の毒素を上手く分解することができなくなってしまうのです。肝臓で毒素を上手く排出できなくなった場合、その毒素は体内に蓄積されてしまいます。そして蓄積された毒素が背中ニキビとして肌の表面に出てきてしまうのです。また、肝臓にはビタミンなどの栄養素を貯蔵するという役割もあります。

ビタミンは肌に良いという話を聞いたことのある人も多いでしょう。特にビタミンB2やビタミンB6などには、皮脂を分解する作用や肌を作る元となるタンパク質を合成するといった役割があります。しかし、お酒を飲み過ぎると肝機能が低下してしまうため、これらのビタミンB群を上手く貯蔵できなくなるのです。結果として肌のターンオーバーが乱れやすくなりますし、皮脂が分解されずにそのまま残りやすくなります。それによって背中ニキビができやすい状態になってしまうのです。また、アルコールには血管を広げて血行を良くする効果もあります。血行を良くするのは健康に良いことですが、背中ニキビがある場合は炎症が悪化してしまうこともあるのです。