お肌を悪くしてしまう誤った毛穴のお手入れとは

謝った毛穴ケア

誤った毛穴パックや、洗顔のやり方が原因で、肌の調子を損ねてしまうことがあるようです。毛穴が黒ずんで目立っているために、日々の洗顔やケアをしっかりしているという人でも、美肌になれない方もいます。

1日に何回も洗顔をしたり、毎日毛穴パックをしたほうが、肌の汚れを除去できて、美肌効果が得られると思っている人もいます。しかし、毛穴の汚れが蓄積しないように洗顔を施す必要はあるにしろ、適切な方法で行わなければ肌によくありません。

ゴシゴシこすって洗ったり、長時間洗ったりしていると、汚れだけでなく肌に必要な潤いまで落としてしまうことになり、肌が乾燥します。肌の乾燥がこれ以上進行しないように、毛穴からは皮脂が多く分泌されるようになります。

肌は乾燥しすぎると油分を多く分泌するようになりますので、その油分が毛穴の中で固まって酸化すると、毛穴の黒ずみになります。毛穴に汚れを詰まらせないようにしていたことのせいで、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

毛穴のパックが原因で、肌へのダメージが蓄積されてしまうこともあるようです。お肌の表面は、角質層という固い皮膚があります。外界からの刺激を受けないように守っている部分です。毛穴パックは肌表面の角質層を傷つけて、肌の乾燥が進行してしまうので、パック後は肌がカサカサすると感じる方もいるでしょう。

毛穴トラブルを予防するために洗顔などは大切ですが、過剰なケアは毛穴を目立たせることになってしまいます。