スクラブ入り洗顔料が合う毛穴・合わない毛穴

スクラブ入り洗顔

スクラブ入り洗顔料は、古い角質や皮脂が詰まって角栓ができている小鼻の毛穴に合う化粧品で、余分な汚れをきれいに落とすことが期待できます。毛穴の角栓は、酸化してしまうと黒ずみとなってブツブツしたりザラザラしますので、スクラブ入り洗顔料をよく泡だてて優しく洗うと適切な毛穴ケアができるでしょう。

また、スクラブ入り洗顔料は、お肌のターンオーバーを促進するはたらきがありますので、毛穴が詰まりやすくてニキビができやすい毛穴に対しても使用することができます。一方、スクラブ入り洗顔料は、使い方やお肌の状態によっては肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。皮脂と水分量が少なくて乾燥している毛穴にスクラブ入り洗顔料を使用すると、乾燥を促進して炎症を引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

季節の変わり目や体調によってお肌は不安定になりますので、お肌の調子に合わせて使用することが大切です。例えば、日焼け直後のお肌にスクラブ入り洗顔料を使用すると炎症を促進していまいますので、使用を控えましょう。ニキビの毛穴ケアに使用することは可能ですが、炎症しているニキビ肌の毛穴にはスクラブ入り洗顔料は合わず、かえってニキビを悪化させてしまいますので注意が必要です。

このように、スクラブ入り洗顔料は、皮脂や角質が蓄積している毛穴には会いますが、お肌が日焼けしていたり炎症性のニキビができている毛穴には合いませんので状況に応じて使用することが大切といわれています。洗浄力が高い洗顔料ですから、皮脂と水分量が少ない乾燥肌や敏感肌の毛穴にも合わないアイテムです。

ですから、小鼻の黒ずみや皮脂の分泌量が多い額の毛穴ケアとして部分的に使用したり、お肌の状態に合わせて使用すると適切なケアができるでしょう。定期的に使用することがおすすめされていますが、使用頻度が高すぎるとお肌に負担がかかってしまいますのでやり過ぎには注意が必要です。