ビタミンCのニキビやニキビ跡への作用について

ビタミンCの作用

ビタミンCがニキビに効果的であることは有名で、さまざまなスキンケア用品に使用されています。必須栄養素のため常識の範囲内での摂取なら副作用はなく、優れた抗酸化力を発揮してくれます。ニキビは脂性肌の状態で発生しやすいですが、乾燥肌もリスクを高めるのです。乾燥している状態は肌の抗酸化力を低下させるので、ニキビのリスクが高まります。ビタミンCを摂取すれば抗酸化力を高めることにより、さまざまな刺激から肌を守ってくれるでしょう。

赤ちゃんのような弾力性のある肌に変えるためには、保湿が要になってきます。ただし水分だけ与えていればよいわけではなく、必須栄養素は充足させる必要があります。必須栄養素はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などと比較しても優先順位が高いのです。これらの成分よりもビタミンCは必要性が高く、欠乏している状態で保湿成分を補給しても十分に作用しません。プルプルの肌を手に入れるためには、まずは必須成分から補給してください。

間違ったスキンケアは肌荒れの原因になりますが、若いころはケアが間違っていてもトラブルが起こりにくいです。これは肌の抗酸化力が高いためで、20代のころは肌荒れが起こりにくいです。30代くらいになると肌荒れが気になり始める方が多いので、このタイミングで高級スキンケアを利用するケースが増えてきます。内容成分が同じであっても、高級スキンケアは成分が低分子化されるなど、吸収力が高くなっています。

ビタミンCはニキビ跡にも作用し、肌のターンオーバーを活性化させて修復を促してくれるでしょう。跡が残ってしまうと目立ちますし、クレーターになると放置しておいても治りません。そうなる前に綺麗にする必要がありますから、ビタミンCを配合した化粧品やサプリを活用してターンオーバーを正常にしていきましょう。ビタミンCは身体の外側と内側から補給するのが好ましいです。ビタミンCは食生活から十分に補給するのは難しいので、サプリを利用するのが得策です。