メラニンが沈着した毛穴の特徴、皮脂が酸化した黒ずみ毛穴との違いについて

メラニン沈着

メラニンが沈着した毛穴の主な特徴として、色素沈着を起こして茶色くなっています。皮膚の症状としては、シミのような状態です。黒ずみと間違えられることが多いのですが、黒ずみは毛穴に皮脂が詰まって空気に触れ、酸化することで引き起こされるトラブルであるのに対し、メラニンは色素沈着による症状ですので根本的に違います。黒ずみの場合には角栓ができたばかりの頃は白っぽくなっていて、時間の経過と共に黒っぽくなっていきます。

見分けるのは難しいのですが、毛穴が黒ではなく茶色になっていたらメラニン毛穴である可能性が非常に高くなりますので、毛穴づまりを解消しても対処できません。感触でも分かることがあり、黒ずみがある時には角栓が詰まっていますのでザラザラしているのに対し、メラニンならツルツルしています。また、周辺にも茶色い色素沈着が見られるので、症状は毛穴だけにとどまりません。

原因にも違いがあり、黒ずみは皮脂が分泌されて詰まってしまうことが理由となっており、メラニンは紫外線による影響です。皮膚に紫外線を浴びるとダメージを受け、そのダメージから肌を守るためにメラニン色素がたくさん生成されます。ダメージの度合いが高くなればなるほどたくさん生成されることになり、皮膚症状も酷くなります。それが毛穴やその周りに集中して作られる症状です。

紫外線だけでなく、摩擦によってもダメージを受けてしまうことがありますので、日々のスキンケアで刺激を与えるようなケアを行っている人は注意しなければなりません。メイクや洗顔の時にこすってしまうと、そこで大量に発生します。生成されても順調にターンオーバーによって排出されれば酷い症状にはなりませんが、ターンオーバーが乱れて周期が長くなると上手く排出できずに茶色い色素沈着が目立つようになります。ですから、生活習慣の乱れやストレスでターンオーバーが乱れている人は、整えるように気をつけることが大切です。