黒ずみ毛穴の特徴とケアの仕方

黒ずみ毛穴ケア

黒ずみ毛穴が出来てしまっている方の特徴として、毛穴の中に皮脂や角質といった様々な汚れが詰まっており、汚れが酸化して黒くなることで黒ずみになります。そのため毛穴汚れの中でも汚れが詰まったまま放置してしまっている状態でもあるので、ニキビなど肌トラブルに進展する前にきちんと毛穴ケアを済ませる必要があります。

そもそも黒ずみができやすい方の特徴として、毎日洗顔やクレンジングを行っていたとしても、毛穴の中にある汚れまできちんと除去せずに適当に済ませてしまっている場合と、洗顔後の保湿といったスキンケアが十分に行えていないといわれています。特に洗顔やクレンジングの際には肌の表面の汚れのみ落とす感覚で、毛穴の汚れを落とす前にケアが終わってしまうと、汚れはそのままになり皮脂汚れが酸化して黒ずみに進行します。

そのためまずは毛穴の角栓を除去するためにも、ホットタオルやスチームを利用して皮膚を柔らかくし、毛穴を広げます。毛穴ケアをする際にパックを利用する方が多いですが、毛穴パックは角栓が綺麗に抜ける反面、デリケートな顔の皮膚にダメージを与えてしまうので、出来るだけ使用することは避けることがおすすめです。

ホットタオルやスチームで十分に肌を柔らかくしたら、次に角質ケアも行えるコールドクリームをたっぷり肌に乗せて、ざらつきの気になる部位を中心に優しくマッサージしていきます。コールドクリームには油分が含まれている、毛穴に入り込むことで硬く詰まっている黒ずみを浮かせて、綺麗に除去する効果があります。さらに肌表面に蓄積している古い角質も綺麗に除去できるので、肌のごわつきやくすみなども同時に改善するメリットを持っています。

コールドクリームを利用する時のポイントとして、たっぷりクリームを利用することにあります。クリームが少ないと指で直接ゴシゴシ擦ってしまうので、肌に摩擦を与えてしまう恐れがあるので、クリームで丁寧にケアをすることを心がけましょう。後はもう一度洗顔をして汚れを洗い落とし、化粧水や乳液、クリームで潤いを十分に補えば完了です。