白ニキビともいわれる毛穴づまりができてしまう原因、特徴について

白ニキビ

ニキビには種類があり、それによって色が違って見えることからどんなニキビなのかを知ることができます。いわゆる白ニキビは、それほどひどい状態ではなく毛穴が盛り上がって見える、白くて小さな初期段階のニキビです。炎症を起こしているわけではなく、触っても平気なため気になって潰してしまう人も多いようです。しかし、潰してしまえば炎症を起こす可能性があり、治りにくく跡が残ってしまうこともあるので、初期の白ニキビの段階で適切な処置をするべきでしょう。

白ニキビができてしまう原因は、ずばり毛穴づまりです。なぜ毛穴がつまり白ニキビができてしまうのかというと、それは脂線から出た皮脂がスムーズに毛穴から排出されなくなるからです。このような毛穴づまりが起こってしまうのは、思春期で皮脂の分泌が多くなることや、女性の場合は中年以降のホルモンバランスの乱れなども原因になるといわれています。また、体質的な原因やストレス、食生活など生活習慣の乱れも関係するようです。

毛穴づまりを防ぎ白ニキビをできにくくするためには、まず正しい洗顔を行うことが重要です。過剰に分泌された皮脂の汚れはもちろん、汗やメイクの汚れもしっかりと落とさなければなりません。しかし、力任せにゴシゴシと擦ってしまうのはいけません。洗顔料を良く泡立てて優しく丁寧に洗い、擦らないように十分にすすぎ清潔なタオルを軽く押し当てるようにして水分を拭き取ります。この時、タオルが汚れていたり使い込んで生地が硬くなっていたりすると、毛穴にばい菌が入ったり皮膚に刺激を与えたりするので注意します。

食生活が乱れて皮脂を過剰に分泌させることもあるので、毛穴を詰まらせないためにも栄養バランスの良い食事を心がけ、野菜をたっぷりと摂り脂質の代謝をサポートするビタミンB群も積極的に摂ることをお勧めします。また、間違ったスキンケアで毛穴がつまることもあるので、オイルタイプのクレンジングは避け、やさしく洗顔した後はたっぷり十分に保湿しましょう。