頬の毛穴が目立つ「たるみ毛穴」について

たるみ毛穴

たるみ毛穴はずばり乾燥と加齢現象のダブルパンチの状態であり、肌が乾燥している状態のところに加齢が伴って皮膚がたるみ、毛穴が涙状に伸びてしまっている状態です。特に、テカリが気になる人は、10代から20代にかけては皮脂の分泌が多く、皮脂を取り除くために洗浄力の強い洗顔で顔をゴシゴシと洗ってしまいがちです。

その行為をお肌の曲がり角である30代以上になっても継続して行ってしまった場合、お肌の状態の変化に気づくこと無くお肌の保護に不可欠な皮脂を洗い流しすぎてしまい、結果としてシワや乾燥の原因を引き起こしてしまいます。お肌の加齢現象の殆どは、間違ったスキンケアやお手入れの結果なのです。

20代から30代になるとき、または、30代から40代になるときには肌の質が変わりやすいので、一度スキンケアの見直しをすることを強くおすすめします。たるみ毛穴というのは、乾燥した頬にできやすいです。肌の内部が感想をしていて潤っていないので、まずはコットンパックをしてしっかりと保湿をすることが大切です。

コットンパックは肌の内部に化粧水を浸透させ、インナードライ肌を改善し、たるみ毛穴を目立たなくさせる効果を期待することができます。頬や皮脂の分泌が気になる鼻周りのコットンパックをすることにより、乾燥で広がったり涙状に広がってしまった毛穴を引き締める効果があるのです。いつもよりも多めに化粧水をコットンに染み込ませることで、浸透力を高めることができます。

コットンパックのあとは、お肌を引き上げるようにマッサージをします。その後、頬の部分をタッピングするようにマッサージをすれば、たるみ毛穴を改善する効果があります。タッピングしマッサージをすることで血行が促進されて、老廃物をリンパに流すことでむくみを改善し、健康的な肌になることが出来るのです。たるみ毛穴を改善するためには、集中的に保湿ケアを行うことが何よりも大切なことです。